足裏の重要性とは!?| パーソナルジム D-HEARTS 不動前店

足裏の重要性とは!? | D-HEARTS 不動前店

Training Column

 トレーニング
2022-07-06 16:52:48

足裏の重要性とは!?

いつもご覧いただきありがとうございます!
 
パーソナルジムD-HEARTS東京不動前の飯島です!

今回は「足部のトレーニング」についてお話します。

皆さんは足のトレーニングを行っていますか?

ここでの足のトレーニングとは足裏のことを指します。

足裏の重要性とは!?| パーソナルジム D-HEARTS 不動前店

足裏表面積

足裏は表面積は小さいものの最終的に体重を支えており大きな負荷がかかるので足部の状態が膝・骨盤にも影響し足部の状態悪化は体全体の不調へ繋がってしまいます。

メカノセレプター

人体は約206個の骨で構成されており、足部は両足で52個で筋肉も25個と足部はとても微細な構造で体重を支え動きを作っています。
また、足裏にはメカノセレプターという感覚受容器が多く存在し、メカノセレプターは体のあらゆる部分に存在し特に手部や足裏に多く、立っているときに今体重がどこにかかっているかを検知するような働きがあります。

メカノセレプターの機能低下

私たちはそこからの情報と三半規管からの情報から体をまっすぐ保つなどバランスを保っています。
逆にこのセンサー機能のあるメカノセレプターの機能が低下してしまうと重心の位置がずれて不良姿勢になりやすくなったり、少しのことでバランスを崩しやすくなります。

メカノセレプターの活性化

身体の機能を高めるためにはメカノセレプターを活性化することが大切です。
メカノセレプターはバランスを保つ働きがあるので不安定な地面を歩いたりバランスを取るような動作を行う、メカノセレプターの多い足の指を頻繁に動かすことで活性化しやすいです。

足の指を動かす運動として素足で立ち足の指で床を掴むように前進していきます。
メカノセレプターは刺激を与える頻度が低いと機能低下しやすいという特徴がありますが逆に動かすことで活性化もしやすいので朝や運動前などに行うことをおすすめします。

まとめ

このようなダイエットやボディメイク、身体の不調の改善などは一人では難しいことでもありますのでなんなりのお問い合わせの上、ご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

D-HEARTS東京不動前では無料体験カウンセリングも行っております!
ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい!

パーソナルトレーニングジム ダイエット専用ジム D-HEARTS 不動前店_TOPに戻る