微量栄養素の有効性 | D-HEARTS 不動前店

微量栄養素の有効性 | D-HEARTS 不動前店

 食事・栄養
2022-10-17 19:30:53

微量栄養素の有効性

こんにちは。

東京都品川区西五反田、不動前駅から徒歩5分のところにあります、完全個室パーソナルトレーニングジムD-HEARTS東京不動前の代表トレーナーの飯島です。

本日は【微量栄養素の有効性】についてお伝えいたします。

微量栄養素の有効性 | D-HEARTS 不動前店

1、微量栄養素とは?

微量栄養素とはビタミン、ミネラルだけでなくそれら以外の生理的生理作用を持つ微量成分を含めた物質全般のことを指します。

役割としては体内の酵素の働きを助ける補酵素として働きます。

2、ビタミンの種類(13種類)

脂溶性

 ビタミンA

 ビタミンD

 ビタミンE

 ビタミンK

水溶性

 ビタミンB1

 ビタミンB2

 ビタミンB6

 パントテン酸

 ナイアシン

 ビタミンB12

 ビオチン

 葉酸

 ビタミンC

3、含有食品

肉類・魚介類・大豆・野菜、キノコ類など様々なものに含まれていますが肉類(赤身肉)はWHO(世界保健機構)のIARC(国際がん研究センター)で発がん性が高い食品として認定されていることから積極的に取るものからは除外したいものです。

4、不足すると?

微量栄養素の不足による代表的な5大欠乏症と言うものがあります。

・脚気(ビタミンB1欠乏)

・壊血病(ビタミンC欠乏)

・ペラグラ(ナイアシン、トリプトファン欠乏)

・くる病(ビタミンD欠乏)

・悪性貧血

5、サプリメント

体内で合成できない(1部を除く)ため食事からでは不足しがちなものでありサプリメントから補う必要があります。

その中で天然ビタミンと合成ビタミンがあり、絶対的に天然ビタミンを選択してください。

合成ビタミンは元々ビタミンではないものから似た構造を作り出すことで低コストで大量生産できるため至るところで販売されているので注意が必要です。

まとめ

微量栄養素は体内で重要な役割を果たします。

過剰症の症例は少なく圧倒的に欠乏症が多いです。

食事やサプリメントからしっかり補っていきましょう。

最後までご覧頂きありがとうございます。

パーソナルジムD-HEARTS東京不動前では完全個室の安心安全の空間でトレーニングを行うことが可能です。まずは無料体験にてご相談ください。

【経歴】

東京リゾート&スポーツ専門学校アスレティックトレーナー科で解剖学や生理学、スポーツ医学、バイオメカニクス、栄養学などを学ぶ。

卒業後、大手パーソナルジムへ就職し一般の方から芸能人まで幅広いお客様のトレーニングを担当。

その後として独立し、D-HEARTS東京不動前を設立。

20206月からは、品川区西五反田にある不動前駅から徒歩5分のプライベートジムD-HEARTS東京不動前にて代表トレーナーとして一般の方からアスリートまで幅広いお客様を担当。

健康を軸としてボディメイクはもちろんさまざまなスポーツのパフォーマンスアップにも対応可能です。

【資格】

・日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI

・野球指導者ライセンスA

【実績】

・芸能人トレーニング指導多数

・高校野球チームストレングストレーナー

・野球選手個人トレーナー

無料体験申し込みはこちらから

パーソナルトレーニングジム ダイエット専用ジム D-HEARTS 不動前店_TOPに戻る