乳製品は健康にいい!?

乳製品は健康にいい!? 全て
乳製品は健康にいい!?

Training Column

 食事・栄養
2021-07-07 23:08:15

乳製品は健康にいい!?

いつもご覧いただきありがとうございます!
 
パーソナルジムD-HEARTS東京不動前の飯島です!

本日は”乳製品”についてお話していきます。

乳製品は健康にいい!?

乳製品

乳製品と聞くと牛乳やヨーグルトなどがイメージしやすいかと思います。

幼少期なんかではカルシウムをとって骨を強くしたり身長を伸ばすために飲んだほうがいいと言われることが多かったのではないでしょうか?

実はこの乳製品が健康への被害を大きく妨げる可能性があるということをご存知でしょうか。

特に牛乳は牛の飼育環境などが大きく関わってきます。

日本の牛乳

日本の牛乳は多くの場合、妊娠中の雌牛から搾乳されますが、その乳には卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されています。
※これらは女性ホルモン

そのため、私たちは牛乳を飲むことでそのホルモン達を経口(口から)摂取していることになります。

それにより下記のことが起こりやすくなります。
・免疫機能の低下
・アレルギー(特に乳児)
・発がん性
・老化
・骨粗鬆症
・動脈硬化

また、牛の成長を人工的に早くする成長ホルモンの投与も問題とされています。

骨粗鬆症に関しては牛乳で予防できるのでは!
?と考えている方もいらっしゃいますが、むしろその逆です。

血中のカルシウム

牛乳から摂取できるカルシウムは吸収が良すぎることから血中のカルシウム濃度が高くなり、元の濃度に戻すために血中、骨の余剰分からカルシウムを腎臓から尿に排出してしまいます。

これが骨粗鬆症になりやすくなる原因です。

トレーニングをしていくにあたって骨の強さというのは物理的な重さをもつ上では必要な要素になってきます。

高齢者の方であれば怪我をしにくい身体を作ることも非常に重要です。

さらに健康という面から考えてもこのようなホルモンや成分が含まれている可能性が高い乳製品を積極的にとっていくのはあまりお勧めではありません。

多くの料理に使われる乳製品てすが、このことを踏まえて外食のメニュー選択、日常の食事に活かしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございます!

D-HEARTS東京不動前では無料体験カウンセリングも行っております!
ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい!